むびれぽ

フィルムを喰らう!~感情中毒の巣窟~

悲恋の筋立てでも幸せな愛の物語『ムーラン・ルージュ』

悲恋の筋立てでも幸せな愛の物語『ムーラン・ルージュ』

「悲恋」でも幸せな愛の物語

『ムーラン・ルージュ』は、『椿姫』や『ラ・ボエーム』の物語を下地に描かれた、娼婦と青年の恋物語です。

下地になった物語がどういうものかご存知の方、もしくは娼婦との恋物語ということを考えれば、「悲恋」を想像する方が多いかもしれません。確かにニコール・キッドマン演じる娼婦サティーンは『椿姫』のような最後を迎えますから、見方によっては悲恋でしょう。

しかしこの映画の監督バズ・ラーマンは、シェークスピアの『ロミオとジュリエット』をロックな現代劇によみがえらせた人。ただの悲恋で終わらせるはずはなく、そしてこれを何度も観ている著者も悲恋とはとらえていません。

エンドロールを見守る時には頬にいく筋もの涙をつたわせながらも、口元には微笑みが浮かぶ、幸せな愛の物語としてご紹介したいと思います。

当時の舞台や衣装を再現

映画の舞台はフランスのパリ・モンマルトルに現在もある、キャバレー『ムーラン・ルージュ』。

時代はボヘミアンがそのキャバレーを根城にしていた20世紀初頭です。ユアン・マクレガー扮する上流階級出身で作家志望のクリスチャン青年のモノローグから始まり、安宿に落ち着いたところから物語は展開していきます。

クリスチャン青年は実在しませんが、彼をムーラン・ルージュに引きこむ、ジョン・レグイザモ扮する画家のトゥールーズ=ロートレックやキャバレーの支配人ハロルド・ジドラーは実在します。

また劇中使用された舞台や衣装は、こだわりのラーマン監督らしく、当時の写真や絵画を元に出来るだけ忠実に制作。特にショーの踊り子の衣装は、ため息をつきたくなるほどオシャレで色鮮やか。

メイキング映像によれば、コルセットで締め付けるかなり苦しいものなのですが、もし目の前にあれば「ちょっと着てみようかな」と血迷ってしまいそうです。

ヒット曲を主演の二人が謳いあげる

この映画は愛の物語であると同時にミュージカルでもありますから、劇中にはいくつもの歌が使われています。

有名どころから上げていくと、

『Lady Marmalade』。クリスティーナ・アギレラやピンクのコラボ曲で、グラミー賞を獲得しました。

『Material Girl』は、DIVAマドンナの1985年のヒットソング。

『Your Song』はエルトン・ジョンが1970年にリリースしたもので、

『I Will Always Love You』はホイット・ニーヒューストンが歌う映画『ボディーガード』のテーマ・ソングですよね。

その他、ビートルズの『All You Need Is Love』にキッスやフィル・コリンズのヒット曲と数え切れないほど。

そしてそれらの曲のほとんどを高らかに、時に切なく歌いあげているのは、主演のユアン・マクレガーとニコール・キッドマンのお二人。吹き替えでも加工したのでもなく、ボイス・トレーニングを受けた彼ら本人が歌っています。うん。天は二物も二物もこの二人には与えたようです。

ロクサーヌのタンゴ

『ムーラン・ルージュ』は時にコミカルに、時に激しい見せ場の連続です。ただ、筆者が繰り返し見てしまうのは、「ロクサーヌのタンゴ」のシーン。愛の情念と、嫉妬の炎、それに焼かれる男を醜く、同時に美しく描いています。

ヴェイオリンのすすり泣きから、アルゼンチン俳優のさびた歌声。見つめ合うのではなく睨みあう男女二人のタンゴは、次第に群舞になっていきます。

「愛していると言う僕をどうか信じて」と歌うユアン・マクレガーの歌声も大事ですが、歌いながら今にも泣きそうな彼の顔にもご注目。著者が思う「泣き顔が似合う俳優」ベスト1にふさわしい、情けなくも愛しい顔に、あなたもキュンとなるはず。

作品情報

原題:『Moulin Rouge!』
出演者:
監督:

ABOUT THE AUTHOR

Hiro Miyama
はじめまして。作家兼ライターの海山ヒロ(みやまひろ)と申します。

物心つく前から映画好きの両親に連れられ、映画館へ。そして家族のだんらん時に見ていたのは、各放送局の洋画劇場でした。おかげでしっかり映画好きに育ったわたしは、今日もまた、世界の片隅で映画への愛をこうしてつづっています。

ついつい口ずさみたくなる様な音楽に、悲喜こもごもの物語。そして素晴らしい衣装や舞台装置に夢のような風景が詰まった映画は、総合芸術です。
そんな数々の名画達に出会うお手伝いを、すこしでも出来れば嬉しいです。
Return Top