むびれぽ

フィルムを喰らう!~感情中毒の巣窟~

ディズニーさん、ここまでやっていいんですか!?『魔法にかけられて』

ディズニーさん、ここまでやっていいんですか!?『魔法にかけられて』

ディズニーがディズニーをパロディ

ディズニー映画ときて魔法とくれば、心優しく姿かたちも美しいヒロイン(大抵お姫様)が魔法使いに助けられて幸せになる。そんな作品が思い浮かびますよね。事実、『シンデレラ』や『眠り姫』、アンデルセンの『人魚姫』をモチーフにした『リトル・マーメイド』などはその王道路線まっしぐらな映画です。

しかし今回ご紹介するこの作品『魔法にかけられて』は、ディズニーお得意のアニメーション映画ではなく実写。しかも登場人物には姫に王子に魔女まで出てくるのに、舞台は現代のニューヨーク。魔女がヒロインに魔法をかけて送り込んだのは、ファンタジーではなく現実の世界。マンホールから飛び出してきたヒロインを助けたのは、子持ちのオッサン。そして現実世界にいるにもかかわらず、ヒロインはディズニー映画そのものの動きをしようとするものですから……。

つまりこの作品は、ディズニーがディズニーをパロディ化したコメディ映画なのです。

自虐パロディ炸裂

いやぁ……実際に観ていただければわかりますが、この映画は初っ端から「ディズニーさん、ここまでやっていいんですか!?」と叫びたくなるほど、自虐ともとれるパロディ表現が炸裂しています。

だって、ねぇ。ディズニープリンセスと言えば、会話の途中で突然歌い出す。他の登場人物もそれに驚くでもなく、あわせて踊り歌う。でもそれ、現実にやる人がいたらおかしな人ですよね? 劇中では嬉しさのあまり歌い出そうとしたジゼル姫を、子持ちのオッサンことロバートが冷静に止めています。それだけでもう笑える。そして放置しないあたり、ロバート氏は優しいですね。

ジゼルさんは、他にもやらかしますよ~。プリンセスらしいふわっふわのウェディングドレスの替えが欲しかったのか、ロバート氏の家のカーテンでドレスを作り。これ、『サウンド・オブ・ミュージック』でもやっていましたが、ひとん家のカーテンを勝手に使っちゃ駄目でしょう。ネズミを使って掃除させるあたりは、さすがのヒロイン力だと思いましたが……。

ジゼルを追いかけてきたエドワード王子だって、やらかし具合では負けていません。

魔法の鏡と勘違いしたのか、電気屋さんの店頭にあったテレビに向かって「ジゼルは何処にいるか教えてくれ!」と叫び。もちろん彼は、ディズニーの王子様の制服であるかぼちゃパンツ型のはではで衣装に、タイツに剣ですからね。周囲はドン引きです。ちなみにその時テレビでは、ニュースを放映しておりまして。エドワード君たらキャスターが言った言葉を魔法の鏡のお告げと勘違いしちゃって。画面に熱いベーゼをかまします。

他にもバスを怪物と勘違いして攻撃し、運転手のおばちゃんに怒られて慌てて逃げたり、ジゼルにようやく会えた嬉しさで高らかに歌い出そうとしたら、自転車の列に轢かれたりと、散々です。
いやぁ。ファンタジーの王子様が現実に来るとギャグにしかならないんですねぇ。

彼らの演技力に脱帽

現実を舞台にファンタジーを演じ切ったジゼルとエドワードは、エイミー・アダムスとジェームズ・マースデンです。

エイミー・アダムスは本作で有名女優の仲間入りを果たし、『ナイト ミュージアム2』や『アメリカン・ハッスル』などの大作に出演するようになりました。どれもこのジゼルとはかけ離れた役で、彼女の演技力に驚かされます。

ジェームズ・マーデンは『X-メン』のサイクロップス役でお馴染みですよね。とは言え、『X-メン』ではどちらかと言えばおさえた演技だったので、本作でのはっちゃけた演技に度肝を抜かれ、ついで笑い転げました。

そしてジゼルを助けた子持ちのおっさん・ロバートに扮するのは、パトリック・デンプシー。ここではオッサン呼ばわりし、劇中ではペシミスティックな離婚専門弁護士を演じていますが、笑うと目が線のように細くなるのがチャームポイントのイケメンさん。『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』では、ブリジットの恋人役をやっています。

そうそう。ディズニー作品に無くてはならない、悪い魔女・ナリッサ女王役を『ロッキー・ホラー・ショー』や『テルマ&ルイーズ』で有名なスーザン・サランドンが演じているというのも、書き添えておきましょう。

随所にちりばめられた他作品へのオマージュ

パロディ化したもの以外にも、この作品にはこれまでディズニーが創り上げてきた作品へのマージュがちりばめられています。

例えばロバートの事務所でジゼルが水槽の魚を眺めている時流れる音楽は、『リトル・マーメイド』の『パート・オブ・ユア・ワールド』。さらにロバートのアシスタントのサムは、『リトル・マーメイド』でアリエルの声を担当したジョディ・ベンソンが演じています。また、エドワードがジゼルを捜してアパートのドアを開けるシーン。そこに登場した妊娠中の母親は、『ポカホンタス』の主題歌を歌ったジュディ・キーンです。

舞踏会のシーンがキラキラ輝いている演出は、『美女と野獣』や『白雪姫』に『シンデレラ』のダンスシーンへのオマージュ。ついでに言うと、本作のナレーションをつとめているのは『メリー・ポピンズ』で主役を演じた、あのジュリー・アンドリュースです。

結局、自虐としか思えないネタで笑いを取ったとしても、やっぱりディズニーは自社作品に誇りと愛を持っているんですねぇ。だから本作を見て他作品が懐かしくなったら、また久々に観るのも楽しいかもしれません。それもきっと、ディズニーさんがこの映画で我ら視聴者にかけた魔法なのです。

作品情報

原題:『Enchanted』
出演者:
監督:

ABOUT THE AUTHOR

Hiro Miyama
はじめまして。作家兼ライターの海山ヒロ(みやまひろ)と申します。

物心つく前から映画好きの両親に連れられ、映画館へ。そして家族のだんらん時に見ていたのは、各放送局の洋画劇場でした。おかげでしっかり映画好きに育ったわたしは、今日もまた、世界の片隅で映画への愛をこうしてつづっています。

ついつい口ずさみたくなる様な音楽に、悲喜こもごもの物語。そして素晴らしい衣装や舞台装置に夢のような風景が詰まった映画は、総合芸術です。
そんな数々の名画達に出会うお手伝いを、すこしでも出来れば嬉しいです。
Return Top