むびれぽ

フィルムを喰らう!~感情中毒の巣窟~

この難解にして不可思議な世界『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

この難解にして不可思議な世界『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

この難解にして不可思議な

『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』。この映画をご紹介するにあたり、映画を観返し、粗筋を読み返し、ついでとばかりに士郎正宗氏が書いた原作まで読み返してみたのですが……。正直お手上げです。どう書けばこの映画、というよりもこの難解にして不可思議な「攻殻機動隊」の魅力をお伝えできるのか見当もつきません。

この映画についてだけご紹介すれば、主人公は草薙素子・少佐。彼女はタンパク質やカルシウムなどの有機物で構成された肉体を持つと言う意味においては、ヒトではありません。「義体」と呼ばれる、なんともオタク心くすぐるモノに記憶を植え付けた人造人間です。

彼女が所属する公安9課、通称「攻殻機動隊」には、彼女と同じく義体化したバトーや元警官で生身のトグサも所属しており、彼らは上司の荒巻の指令を受け、他人の電脳を人形のように操る凄腕ハッカー「人形使い」を追っているのですが―――。

ハリウッドを虜にした作品

この段階で、あれ? その設定、どこかで観たような……。そう思った方もおられるでしょう。この作品はアメリカでも大ヒットしまして、ハリウッドの名だたる映画人たちを虜にしました。特に影響を受けたのはウォシャウスキー兄弟(現在は姉妹)で、『マトリックス』は世界観のベースは攻殻機動隊。

特に首の後ろにジャックをつないで電脳世界に入っていく設定なんて、アニメとまったく一緒です。そのハマりっぷりは現在も続いているようで、先日はついにあのスカーレット・ヨハンセンを主役にすえた実写版まで公開されています。

まぁねぇ。「電脳」だの「ゴースト」だの「人形使い」だの、オタクの心を煽ってやまない単語のオンパレード、しかも主役は強くてクールな美人のお姉さんとくれば、オタクの巣窟でありジャパンアニメをこよなく愛するハリウッド人など、ひとたまりもないでしょう。

日本の「攻殻機動隊」シリーズのファンだって、あの専門用語だらけの物語が好きというよりも、まず設定やキャラクター、そして作中登場するいろんな「おもちゃ」にやられている方は多いと思いますし。

外国人のイメージする「ニッポン」

そしてもうひとつ、日本人にとっても難解なストーリーの「攻殻」シリーズが、外国でも受けている理由をあげるとすれば。恐らくそこに描かれているのが、外国人のイメージする「ニッポン」だからではないでしょうか。

「義体」や「光学迷彩服」などの先端技術がある一方で、市場や団地型の集合住宅(どれも日本というより香港ぽいですが……)といった猥雑だけれど生活感あふれる景色が隣り合う、不思議の国ニッポン。

劇中の音楽に、祝詞を想い出させるような旋律と歌詞が繰り返し使用さているのもまた、「ニッポンっぽさ」を盛り上げています。なにせ、「吾が舞えば麗し女酔いにけり」ですからねぇ。緋袴に五十鈴を持った巫女さんが神前で舞っていそうです。

広がりつづける攻殻ワールド

同じく押井守氏が監督した続編の『』は、主人公を素子からバトーに変えて、背景は「近未来」というよりも場末感漂うハードボイルド小説+香港な雰囲気ですが、音楽は変わらず祝詞のようです。

またシリーズ作品として他にも、素子とバトー達の出会いを描いた『』等がありますが、監督やアニメーターによりキャラクターの外見や性格がかなり変わってきますから、見比べてみるのも楽しい。そしてもしハマりすぎて、電脳の世界から帰ってこられなくなったとしても……それはそれで、アリですよね?

作品情報

出演者(声):(草薙素子)、(バトー)、(トグサ)、(イシカワ)、(荒巻大輔)
監督:
原作:『攻殻機動隊』士郎正宗著
シリーズ:『』、『』、『』、『』『
*他にテレビアニメシリーズ、ハリウッド版実写映画あり。

ABOUT THE AUTHOR

Hiro Miyama
はじめまして。作家兼ライターの海山ヒロ(みやまひろ)と申します。

物心つく前から映画好きの両親に連れられ、映画館へ。そして家族のだんらん時に見ていたのは、各放送局の洋画劇場でした。おかげでしっかり映画好きに育ったわたしは、今日もまた、世界の片隅で映画への愛をこうしてつづっています。

ついつい口ずさみたくなる様な音楽に、悲喜こもごもの物語。そして素晴らしい衣装や舞台装置に夢のような風景が詰まった映画は、総合芸術です。
そんな数々の名画達に出会うお手伝いを、すこしでも出来れば嬉しいです。
Return Top