むびれぽ

フィルムを喰らう!~感情中毒の巣窟~

天下の豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうの物語『のぼうの城』

天下の豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうの物語『のぼうの城』

もし相手が秀吉だったなら?

「歴史にifはない」とよく言いますが、もしこの映画の舞台である忍城を攻めたのが豊臣秀吉だったら。おそらく成田長親は負けていたでしょうし、そもそも開戦していなかったでしょう。

この作品の「敵役」である石田三成という御仁にもちろん会ったことはないので、単なる想像なのですが。後の関ヶ原の戦いをみても、彼を戦上手とは言えません。秀吉にその利発さを買われて小姓として召し上げられたのですから、頭は良かったのでしょうが、人の心の機微に疎かったのではと思われます。たぶん、女性にもモテなかったことでしょう。

戦というのは結局、人と人とのぶつかり合いです。どれだけ兵器が発達しようと、それをどこに配置し、どのタイミングで使うか、使わないかを決めるのは、人間です。つまりは対戦相手の心の動きを読まねばならない。三成は心酔する秀吉に言われたから忍城をとりにきたわけですが、いくらたった500の軍勢しかいない支城とはいえ、空気も人の心も読めない彼に任せたのは秀吉の失敗でした。

お陰で講和の使いに高圧的な脳筋の武将を派遣し、見事決裂。戦端は開かれ、緒戦敗退。金と物資にものを言わせて、秀吉のように水責めで落とそうとするも、結局は猿真似にすぎず……なんて事になるのです。

「ひょろろん、ひょろろん」

原作はベストセラーですし、2万の豊臣軍に対したった5百(+農民)で挑んだ男の話として、歴史好きならばご存知の方も多いでしょう。ですからこの映画のあらすじは置いておいて、見どころをご紹介しましょう。

まずはなんと言っても、「田楽踊り」です。映画としては中盤以降、クライマックスシーン。野村萬斎さん扮する成田長親が、城を囲う水に船を浮かべ、その上で舞を披露します。

さすが、現役狂言師。初主演をつとめた『陰陽師』の時もそうですが、ため息も忘れるほど見事な舞です。あんな舞を見せられたら、籠城戦のただなかであることも忘れて、一緒に踊りたくなります。

事実、この映画を観た後、うちの旦那さんは時折思い出したように、「ひょろろん、ひょろろん」と掛け声を口ずさみながら奇妙な動きを見せてくれました。

そして長親と他の武将達、そしてヒロインの甲斐姫との軽妙、を通り越してギャグのようなかけ合いも見逃せません。佐藤浩市さん扮する正木丹波守利英の騎馬で戦場を駆け回る姿も素敵ですし、石田三成を上地雄輔さんが演じたのも、意外でしたが案外ハマっていました。

一部カットされた水攻めシーン

この『のぼうの城』ですが、当初の計画では2011年9月17日公開の予定でした。しかし、東日本大震災の津波を想起させる「水攻め」のシーンがあるのに配慮し、公開を2012年秋に延期することが発表され、最終的には2012年の11月2日に公開されました。さらには「水攻め」で、人間が水に飲み込まれてゆく描写があまりにもリアルすぎるため、一部がカットされたとのことです。

そのリアルなシーンを大画面で見たかった気もしますが、公開されたバージョンでも十分のド迫力です。そしてこのお話は史実に基づいていますから、こんな水攻めをされてよく持ちこたえたなぁと、感心するやらあきれるやら。「嫌なものは嫌なんじゃ!」と大軍勢に挑んだでくの坊の物語、きっとあなたも楽しめると思います。

作品情報

出演者:
監督:/
原作:『のぼうの城』和田竜著

ABOUT THE AUTHOR

Hiro Miyama
はじめまして。作家兼ライターの海山ヒロ(みやまひろ)と申します。

物心つく前から映画好きの両親に連れられ、映画館へ。そして家族のだんらん時に見ていたのは、各放送局の洋画劇場でした。おかげでしっかり映画好きに育ったわたしは、今日もまた、世界の片隅で映画への愛をこうしてつづっています。

ついつい口ずさみたくなる様な音楽に、悲喜こもごもの物語。そして素晴らしい衣装や舞台装置に夢のような風景が詰まった映画は、総合芸術です。
そんな数々の名画達に出会うお手伝いを、すこしでも出来れば嬉しいです。
Return Top